“生活安全・安心コミュニティ構想の推進
 ご内 

特定非営利活動法人

NPO法人 多摩サロン


◆ ご あ い さ つ ◆

私たち「多摩サロン」は、昭和62年(1987)発足した「多摩ハイテク研究会」を母体として20年以上にわたり多摩地域で活動しているNPO法人です。その目指すところは、OB、OGなどの世代ができるだけ社会からの庇護に頼ることなく、人生を通して得た経験や知恵を、次の世代へ伝えていく役割を果たそうとすることにあります。その中でとくに次のような実践活動を進めています。

●多くの市民団体との連携を深め、社会に向かって発信力を発揮すること
●地域の活性化に役立つ技術の利活用や、ITなどのスキルアップ
●新しい時代を担う子どもたちに、これまで社会を築いてきた人々の生きかたを伝える

「NPO法人多摩サロン」は、このような活動理念に関心を持ち、また、ご賛同くださる方のご参加を願っています。
どのような分野でも、世の中になにか役立ちたいと思っておられる方は、私たちとご一緒に楽しく活動しようではありませんか。
NPO法人 多摩サロン    
理事長  西 田 昌 弘      

 
◆ 最近の活動実績 ◆

 ここ2,3年来の具体的活動

20年度
「生きがい創造コミュニティ構想の推進」のもと公民館において市民企画講座を実施しました。
?「身近なNPO市民活動の新しい可能性について」
      講師:山岡義典氏(日本NPOセンター代表)10月
?「高齢者の新しい役割」
      講師:池上惇氏(京都大学名誉教授) 21年1月
?「高齢社会における地域経営について」
      講師:松本祐一氏(多摩大学准教授)
★春休みを利用した「親子竹トンボ教室」開催

21年度
これからの社会の進展には、ITの役割が極めて大きいことから、多摩市より「市民提案型まちづくり事業」のために設けられた補助金を受け、ウェブサイトの開発を行いました。
その内容は市民が日常生活において、安全・安心を得るための「いざというとき」、もっとも有用と思われる「救急医療」、「防犯」、「防災」について、他の市民団体と協働して取り進めました。


◆ 22年度の計画 ◆

前年度に着手したウェブサイトの構築を、さらに継続する事業の補助金が認められたので、安全・安心に寄与する事業を進められることになりました。
本年度は、「介護」、「バリアフリー」、「医療機関」の3分野について、サーバー上に設けた情報を、市民がインターネットを通して誰でも利用できる環境を整えたいと計画しています。
同時に、利用者である市民に対しても、利用方法などの周知を図り、ITが市民の安全・安心に役立つようにしたいと考えています。
また、組織機能の強化・拡大に関して、市民団体として発進力を高めるための活動も取り組んでまいります。

――――――――――――――――――――――

「NPO多摩サロン」理事(平成22年度)
理事長     西田 昌弘
事務局長    橋本   孜
理事       山本 昭男
理事       林   彰一
理事       十文字弘道
理事       村上 順子

――――――――――――――――――


 
※ メ ン バ ー 募 集 ※

多摩ニュータウン開発から40年が経過し、 街は成熟しましたが、住民の高齢化・少子化の進行に伴い、自治体は老人福祉、廃校問題など負の課題を多く抱えています。今後、 いかにして街の活力を再生し維持するかが 問われています。私たち市民一人ひとりが自ら行動を起こし、協働することにより、地域の発展につなげていくことが重要と考えます。多摩サロンの理念・目的を理解、賛同し、ご一緒に活動して下さるメンバーを募集しています。
例 会     多摩センター「たままち交流館」
                他にて例会開催(不定期)
活 動    ・生活安全安心マップづくり
               ・IT講習会 など
年会費    正会員    3,000円
                賛助会員   1,000円
                法人会員  10,000円
寄 付     資金援助のご支援をお願いします。

※※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
*お問合せ・お申込み*


お問い合わせ及びメンバーお申込みは、
メニューにある「お問い合わせ」ページをご利用下さい。


NPO法人 多摩サロン
(平成13年8月NPO法人認可)
      〒206-0012 多摩市貝取2-6-6-504  理事・事務局長  橋本 孜



 

多摩サロン・ご案内